ばしちゃんねる

私ばしちゃんの日記です

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

時間が無駄だと思った瞬間


学校にて、

生徒『ざわざわ』

教師『・・・』

生徒『ざわざわ』

教師『・・・』

生徒『ざわざわ』

教師『・・・』

生徒『・・・』(黙っている教師の異変に気付く)







教師『…はい、静かになるまで3分かかりました』






↑これ何の意味も無いです。時間の無駄。
『静かになるまで3分かかりました』のフレーズを言いたいだけなのかなと。



さてさて年末ですね、皆さん来年の抱負はありますか??
私の来年の抱負は『時間を無駄にしない、すぐに行動』です。

『あ~時間がもったいないなぁ』
と思う時間をできるだけ無くしていきたいです(^^)




----追記-----

無能な先生が僕たちを叱らなかった3分間の間に
一体どれだけのことができたでしょう。

家に居たのならば簡単な昼食を作ることができます。
学校に居たのならリコーダーの練習などができます。
絵が好きならば3分クロッキーを一枚書き上げることができます。
歌を歌うならば1曲は歌えたはずです。

その間先生はこのいまの時間
どや顔で3分かかりましたと言うがために時計を見て過ごしました。
その3分があれば僕たちに英単語の4つや5つ
覚えさせることができたのではないですか?

先生はそんな貴重な時間を後の説教の為に捨てたのです。
少しは反省してください。


↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

スポンサーサイト

他人の感動に満足しない


福本さんの漫画にはものすごく深い、心に響く言葉がたくさんあります。

たかが漫画、されど漫画。

福本さんの名言集の一部にあった言葉で衝撃を受けた言葉があったので紹介します。

-----------------------ここから-----------------------

感動などないっ!

あんなものに……

オレが求めているのは……

オレの鼓動 オレの歓喜 オレの咆哮

オレのオレによるオレだけの……感動だったはずだ!





スポーツ、映画、テレビ、マンガ、小説etc……あらゆるものが“感動”を売りにする昨今。世間にはいたるところに感動があふれている。

応援しているチームの逆転勝利に泣き、バラエティ番組の離れ離れになっていた親子の再会に泣き、恋愛小説の恋人たちの不遇の愛に泣く。もちろん、こうした感動は人生の潤いになるだろうし、中には真に心を揺り動かされて人生に影響を与えることもあるだろう。



しかし、「夢と感動をありがとう!」なんて言ってるだけのうちは、ただの傍観者でしかない。他人の感動はしょせん自分の感動ではないのだ。

自分は汗の一滴もかかず、傍観しているだけで手に入れたものが、本物の感動のはずがない。本物の感動は自分自身の行動の中にしかないからだ。



世間にはびこる安易な感動で気持ち良くなって満足しないように心がけたいものだが、自分自身の行動で感動を手に入れるためには、それ相応の苦労を伴うのも事実。

だからこそ、苦労して手に入れた自分自身の感動は格別な味がするはずだ。



-----------------

凄く心に響く言葉です。

自分の人生の主人公は自分、
自分が本当に感動できる人生を送りたいものです。



↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

ちょっと面白かったから転載


0b3aaa04[1]

億泰「次の体育の教師は体脂肪率0%らしいぜ!」

仗助「マジかよ!全身筋肉じゃねーか!!!」




(ガラッ)



7e368a6d[1]




↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

正直、日本に期待していない件について


日本に住むメリットがあまり感じられなくなってきた今日この頃。

今後の日本は死ぬまで働かなくてはいけない社会が来ると思う。
いや実際にもうその動きはある。

年金は受給年齢を60、65、70歳と段階的に引き上げつつ、受給額はどう計算しても減らしていかないと維持できない。

そうすることで破錠を防ごうと思っているのかもしれないが、それはもう破錠しているのと同じことで。

定年したら年金だけじゃ生活できないのでシルバーワークに行くわけだけど、すでに日本は高齢社会なので職にありつける老人は少なくなる。

生まれてから死ぬまで学び続けるのを生涯学習と言うけれど、死ぬまで(正確には身体が動く限り)働き続ける生涯労働という言葉がそのうち出てくるんだろうな。

ここまでは誰でも簡単に推測できる。
大事なことは定年してからも食べていけるように有利に立ちまわらなくてはいけないということ。

老人は若者に比べて力も体力もないので、なるべく力を使わないスキルがあるといいと思う。
例えば弁護士のような資格がないと働けない職業など。あとは老人の方が信用力があるので、人脈や人生経験を生かした営業とかかな。

今から方向転換するのが難しい場合は、やっぱりパソコンやネットを使った仕事をするしかないと思う。具体的にはインターネットを介して需要と供給を結びつけるビジネスとかかな~。

日本経済を下支えしてきた組み立て産業は、もう海外と競争できない位に落ち込んでいるので、工場やラインで仕事している人はちょっと先を考えた方がいいかも知れないです。

今の時代大事なのは自分のスキルや知識を現金化する技術、
雇われずに生きていける力が大事じゃないかな?

やっぱりお金って大事。

『お金なんか無くても平気だよ、そんなに縛られたくないね』

という人もいる。

だけど、
借金のために自殺する人がいる
お金で喧嘩する人がいる
お金が無くてワクチンを接種できない人がいる
お金のために夢をあきらめる人もいる

自分の子供、家族、友達、大切な人を守るには心の支えは当たり前で、それにプラスして現実的にはどうしてもお金が必要。

お金は必要ないなんていう人がいたら、

それほど無責任で甲斐性のない言葉はないと思う。


かくいう私もかつては極貧時代を過ごしたことがある。
お金がない生活をしていたことがある。
電気料金は催促分が来るまで払えなかったこともあるし、
止められたりしたこともある。食べ物を買うのにも値段を気にしなくてはいけない、時にはガマンしなくてはいけない生活は本当にみじめなものだった。

 

今になって思うのは、

「お金がないと守れない」ことが今の世の中にはたくさんあるということです。




↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

インド人が経営するインドカレー屋


この前帰り道ある前々から気になっていたカレー屋さんにいったんですよ。

入るなり店長らしき人と


店長『ナマステ』

俺『・・・ナマステ!』


見たいなやり取りから始まりました。


注文が来るまでの間携帯で『ナマステ』について調べたら、ナマステとはなんにでも使える挨拶らしい。

おはようこんにちはこんばんわありがとうさようならいらっしゃいませ・・・

仏教の南無阿弥陀仏の南無の部分はナマステから来てるとか来てないとか。


お店の人はとても話しやすくて気遣いがすごくて『お水大乗ですか?』『辛さ大丈夫ですか?』としきりにお客さんを気にかけてます。

俺、日本で頑張ってる海外の人とかそうゆうのに弱いです。

てか頑張ってる人、それでいてやさしい人って何かいいですね。

最近そうゆう人見てないから何か心にくるものがあります。

それでいて自分も頑張ろうとかそうゆう気になります。


あとカレーはすごくおいしかったです。

お店の人の人柄とか人情とかそうゆうのも味の一つだなと感じました。


ナマステ!



↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

テーマ:お出かけ日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。