ばしちゃんねる

私ばしちゃんの日記です

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

正直、日本に期待していない件について


日本に住むメリットがあまり感じられなくなってきた今日この頃。

今後の日本は死ぬまで働かなくてはいけない社会が来ると思う。
いや実際にもうその動きはある。

年金は受給年齢を60、65、70歳と段階的に引き上げつつ、受給額はどう計算しても減らしていかないと維持できない。

そうすることで破錠を防ごうと思っているのかもしれないが、それはもう破錠しているのと同じことで。

定年したら年金だけじゃ生活できないのでシルバーワークに行くわけだけど、すでに日本は高齢社会なので職にありつける老人は少なくなる。

生まれてから死ぬまで学び続けるのを生涯学習と言うけれど、死ぬまで(正確には身体が動く限り)働き続ける生涯労働という言葉がそのうち出てくるんだろうな。

ここまでは誰でも簡単に推測できる。
大事なことは定年してからも食べていけるように有利に立ちまわらなくてはいけないということ。

老人は若者に比べて力も体力もないので、なるべく力を使わないスキルがあるといいと思う。
例えば弁護士のような資格がないと働けない職業など。あとは老人の方が信用力があるので、人脈や人生経験を生かした営業とかかな。

今から方向転換するのが難しい場合は、やっぱりパソコンやネットを使った仕事をするしかないと思う。具体的にはインターネットを介して需要と供給を結びつけるビジネスとかかな~。

日本経済を下支えしてきた組み立て産業は、もう海外と競争できない位に落ち込んでいるので、工場やラインで仕事している人はちょっと先を考えた方がいいかも知れないです。

今の時代大事なのは自分のスキルや知識を現金化する技術、
雇われずに生きていける力が大事じゃないかな?

やっぱりお金って大事。

『お金なんか無くても平気だよ、そんなに縛られたくないね』

という人もいる。

だけど、
借金のために自殺する人がいる
お金で喧嘩する人がいる
お金が無くてワクチンを接種できない人がいる
お金のために夢をあきらめる人もいる

自分の子供、家族、友達、大切な人を守るには心の支えは当たり前で、それにプラスして現実的にはどうしてもお金が必要。

お金は必要ないなんていう人がいたら、

それほど無責任で甲斐性のない言葉はないと思う。


かくいう私もかつては極貧時代を過ごしたことがある。
お金がない生活をしていたことがある。
電気料金は催促分が来るまで払えなかったこともあるし、
止められたりしたこともある。食べ物を買うのにも値段を気にしなくてはいけない、時にはガマンしなくてはいけない生活は本当にみじめなものだった。

 

今になって思うのは、

「お金がないと守れない」ことが今の世の中にはたくさんあるということです。




↓↓↓↓応援ポチッとお願いしますm(_ _)m
はてなブックマークに追加

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bashichan.blog.fc2.com/tb.php/8-988a911c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。